50代からの旅と暮らし発見マガジン

お知らせ 2013年1月28日

「記念日旅行」を特集した『ノジュール2月号』のお届けを開始しました

201302hyoushi『ノジュール』2月号は、「記念日旅行」を特集しています。家族の誕生日や結婚記念日、定年退職のお祝いなど、人生の節目となる記念日には、普段とは違う特別な旅を企画したいもの。いつもよりも少し豪華な旅行を愉しんだり、時間をたっぷりかけて旅を満喫してみたり。そんな“特別な旅”を実現するアイディア集をお届けします。

 

巻頭特集では、沖縄の八重山諸島に浮かぶ竹富島へ、ノジュールの読者夫婦が記念日旅行に出かけました。昨年6月にオープンした「星のや 竹富島」に5泊6日の長期滞在。外周約9kmの小さな島で、暮らすようにのんびりと過ごす“何もしない”贅沢旅をご紹介しています。

 

また、「記念日に泊まる宿」では、思い出に残るおすすめの宿泊先を「夫婦で泊まるクラシックホテル」、「家族で泊まる一棟貸しの宿」に分けて厳選。「記念日旅行のとっておきプラン」では、「名建築(藤森照信さん)」「食(野崎洋光さん)」「買い物(平野恵理子さん)」など、テーマ別のモデルプランを各分野の達人たちが紹介します。このほか、巨大クルーズ船や豪華寝台列車、航空機の上級クラスなど、優雅な乗り物ガイドや記念日の旅を成功させるアドバイスも満載。あなただけのスペシャルな旅行計画を立てるのに、大活躍する特集となっています。

 

第2特集は、「世界遺産・屋久島」。日本初の世界自然遺産・屋久島は、今年でユネスコ登録20周年。「いつか行ってみたい!」と焦がれていた方は、この節目の年に屋久島旅行を計画してみてはいかがでしょうか? 特集では、屋久島の魅力に取りつかれて移住を決めたカメラマン・大沢成二さんの神秘的なグラビアから始まり、屋久島の基礎知識や憧れの縄文杉や白谷雲水峡へのトレッキングガイド、おすすめの宿情報も充実させました。

 

また、今号の旬特集は「ひな祭り」です。2月の半ばから全国各地で始まるひな祭りイベントやおひな様の歴史を紹介しています。連載も、リレーエッセイ「旅の記憶」は作家の角田光代さん、「世界遺産を撮る」は写真家・滑田広志さんの「テ・ワヒポウナム」(ニュージーランド)、「暮らしのトライアングル」では「男の料理教室」挑戦、ノジュールカルチャーカレッジでは名古屋市の「リニア・鉄道館」を取り上げ、読み応えたっぷりでみなさまのお手元にお届けします。

どうぞ愉しみにお待ちくださいませ。

定期購読のお申し込み

バックナンバー

書店一覧